医薬品の個人輸入に関して

医薬品をネットで個人輸入する方法と知っておきたいこと

世の中の医薬品はどんなものが存在しているのか

今や、ネット上でいろんなものが購入出来るというとても便利な世の中になっていきました。
食品や雑貨など本当にありとあらゆるものが、外に出てお店へ行かなくてもあっさり自宅で手に入ります。

もちろん、それは日本国内にあるものとは限りません。
海外にしか取り扱っていないものも、ネット上で簡単に手に入れることが可能です。
家具やCDなど、本当にそこにしかないものが日本に送られて来ます。

そんな中、こんな疑問を抱かれた方もいらっしゃいます。
「外国で売っている医薬品って日本でも手に入るのかな?」とか「留学中にアメリカで購入したとある鎮痛剤が私にはすごく効いたから、現地の知り合いに送ってもらって日本でも利用したいけど無理かな?」なんていう内容です。
確かに、海外のは日本の医薬品よりも強い成分が入っているので効き目も大きいですし、特に海外生活を経験された方には日本の医薬品は物足りなかったりするかもしれませんね。

ですが、相手は医薬品つまりお薬です。
それを海外から手に入れるとなると輸入という流れにどうしてもなってしまいます。
しかも個人でということになります。
果たして本当にそれは可能なのでしょうか?
可能だとしたら、なにが必要なのでしょうか?

そこで今回このコラムでは、海外の医薬品を個人で輸入する方法と、それに関するさまざまな注意事項についてほんの少しですがお書きしたいと思います。
また、医薬品にあまりお詳しくない方のために、医薬品の種類もざっくりですがお答えいたします。

おすすめリンク