医薬品の個人輸入に関して

>

もし、医薬品を個人輸入する際に頭に入れておくべきこと

お医者さんが出してくれる医薬品

まずは医薬品の代表的なものと言われているものを取り上げていきましょう。

それは、医療用医薬品というものです。
医療用と名前がついているように、病院で診察を受けた際に処方される医薬品をそう呼びます。

お医者さんが診察した患者さん一人一人の症状や体質、アレルギーなどから判断してその患者さんに合った医薬品をきちんと処方するようになっています。
いわばその患者さんのために処方されたお薬なのです。
なので、効果はバツグンに高いです。

その反面、本当にめったにないことですが副作用の可能性も存在しています。
副作用を引き起こさないようにするためには、お医者さんや薬剤師さんの指示に従い、正確な用法と容量で服用することが大事です。

私たちが普通に購入出来る医薬品

その他には、私たちが普通にドラックストアなどで購入が出来る、一般用の医薬品もあります。

この一般用の医薬品、細かく三つに分類されています。
まずは、毛髪剤などの第一類医薬品です。
こちらの種類は、購入の際に薬剤師さんの説明が絶対に必要になっています。
なので、薬剤師さんがお店に不在の際はお店側は販売することは出来ません。

次に、風邪薬や鎮痛剤などの第二類医薬品です。
こちらは薬剤師さんもしくは登録販売者の資格を持たれている店員さんの対応が必要ですが、義務ではないので必要がない場合はお断りしてもいいです。
また、市販されている大半の医薬品が第二類医薬品に該当しています。

最後に、ビタミン剤などの第三類医薬品があります。
こちらは特に説明を受ける必要はありませんが、一応医薬品なので使用には細心の注意を払った方がいいでしょう。


このコラムをシェアする