医薬品の個人輸入に関して

>

医薬品を輸入するにはどうすればいい?

許可を忘れないように

まず最初に、当たり前のことですがきちんと許可を取るのを忘れないようにしましょう。
でないと違法になってしまいます。

ではその肝心の許可を取るにはどうしたらいいのでしょうか。

例えば、病院やお医者さんなどが営業のために医薬品を輸入するには、薬事法の規定により厚生労働大臣の承認と許可をいただく必要があります。

それに対して、一個人が自分で利用するために個人で輸入する際にはどのような手続きをすればいいのでしょうか。

原則としては、その地域の地方厚生局(厚生労働省の地方版)に必要書類を提出することが必要になっています。
ただし、あくまでも自分だけで使うためであり第三者に売ったりあげたりするための輸入ではないという証明をきちんとしておくことをお忘れなく。

薬事法のからくり

ところで、一口に薬事法とはいいますが、こんな風な例外も存在しているのをご存知でしょうか。
それは、医薬品のようで医薬品ではない、いわゆる医薬部外品の取り扱い方です。

例を挙げると、育毛剤や入浴剤、ドリンク剤などは他の医薬品ほど人体への影響がそこまで高くないとされています。
こういったものは、医薬部外品と呼ばれています。
そういうのもあって、これらは比較的気軽に購入出来るようになっています。
ですが、これらを個人輸入ということになると、医薬品と同等の扱いになってしまいます。

また、外国で販売されているサプリメントも、現地では医薬部外品とされています。
ですが、これを日本で取り扱うとなると、正式な医薬品とみなされてしまいます。


このコラムをシェアする